資格

FP3級の勉強方法は?テキストを使った勉強のススメご紹介

FP3級を勉強する方法は通信講座と独学どっちが良い?


FP3級の資格取得を目指そうと思った時にどう勉強をしようか迷いますよね。
私は独学で学ぼうと決めてテキストや問題集を買い込み勉強している最中ですが、
皆さんの判断材料の足しになるかな?という内容をお伝えしますね!

通信講座の魅力


どこの通信講座もそれぞれ何冊かの教材に分かれていて持ち歩きの勉強に最適
私の買った本はテキストも問題集も分厚くかなりの重さなので、持ち歩くと結構肩が痛くなります…
面倒くさくなってなかには途中でやらなくなる方もいますが、添削してもらうのは学習の振り返りにもなりますしモチベーションに繋がります。
1人でもくもくと勉強していくのが苦手、学習ペースを考えるのが苦手、分かりづらいところで丁寧な解説が欲しいという方は通信講座の方が良いかもしれませんね

私はFP2級や他にも取得したい資格があるのでより難易度の高い資格の勉強のときに利用したいので今回は節約も兼ねて独学を選んでいます*

独学のメリット


通信講座ですと期間内になんとか資格取らなきゃ!次のレポート提出しなきゃ!と少し焦りますが、独学ならプレッシャーを感じずに自分のペースで勉強が出来ます。
なので少しでもやる気が出ないと怠けてしまいます…笑
独学でもある程度の学習プランはたてて少しずつ目標を達成していくような流れで進めていく方が良いです。
とはいってもギチギチのプランをたてると少しでも達成しなかった時に挫折感があり、一気にやる気が失せてしまうので、
今回のFP3級は難易度もそんなに高くないですし、ザックリ決めていきましょう!

FP3級を独学で勉強する方法


独学する方法なんて読んで書いて覚えるでしょ?はい、その通りです。笑
ですが少しの工夫で飽きずに勉強を続けていけるのです!

テキストと問題集を用意する


前回の記事でおすすめのテキストをご紹介しました。
ほとんどのテキストには各章の節ごとに練習問題が載っていますが、予算が厳しくなければ問題集も是非揃えて勉強した方が良いです!


学習した範囲に対応した問題を毎回のサイクルにいれことでグッと記憶力がアップします!てきの練習問題ももちろん勉強にはなるのですが、圧倒的に問題数の差があり、解いた数だけ応用力が身につくのでぜひぜひご用意を!

ダウンロードして持ち歩く

モバイル版のテキストがダウンロード出来るテキストも多数販売されていますし一問一答出来るサービスもあるのでそれを利用して外出先でも復習や予習をするとより良いです。


あれ何だったけ…と思い出せない時にいつでも確認して復習できますし、勉強する時間があまりとれない方には便利です。


私がおすすめするテキストにもダウンロードサービス付きのものがあるのでチェックしてみてください*
ただ、勉強も仕事と一緒でメリハリが大事なので通勤の電車ではスマホ学習をして、お昼休憩はしっかりリフレッシュする!という感じで無理のない範囲で区切ると続けやすいですよ^ ^

ノートやメモはとる!

見たり読んだりするだけで覚えられる!という方も中にはいますが、書いて覚えることが全くもって無意味というわけではありません。
むしろ手を動かす事は脳への刺激になり覚えやすいです。


さらに「終価係数は⚪︎年後の金額を…」という感じでボソッと口に出しながら書くとより刺激になって記憶力がアップします。


一度ザックリテキストを読んでみてここは難しそう、ここよく分からないというページに付箋を貼っておいて、
改めて勉強を始める2週目のときにそこは注意深くノートやメモにまとめて勉強をします。
書いても覚えられないという方に多いのは、ただ書き写してしまうからです。


自分なりにそのページを要約してノートに書くと理解が深まります!
読む→付箋を貼る→書く
シンプルで当たり前のことのように思ってしまいますが、わかっていてもやらずに覚えられなくてやる気をなくしてしまうのです。
きちんと効果はある!と自信を持って続けていきましょ*

FP3級の勉強方法は違いが正答率にでる!


実際に今勉強をしながら効果が出ているなと実感したりこの勉強方法はダメだなと感じた事を書いています。
では実際のところどういう違いがあるのかを最後にまとめます!

あまり覚えられなかったパターン


1章分のノートにまとめる勉強が終わってから問題を解いたり復習をする
FP3級は全部で6教科あり、それを大きな区切りとしてそのまま6章に分けてテキストが構成されていることが多いです。


各章でさらに細分化して節ごとに練習問題がるのですが
その練習問題も解かずに先に進めるのを優先していくやり方はあまりおすすめしません。
先に進めていくのは集中して学べている感じがするのですが実際に記憶に残っているのは半分ぐらいです。


1章終えるのに20時間かかったとすると1日2時間で10日に分けて勉強したことになります。
コツコツ勉強できていて良いように思えますが、10日間新しいことを覚えている間に一度も復習をしないというのは半分は記憶出来ずに無駄にしてしまう事になるのです。(;´・ω・)
実際にまとめて勉強をしてまとめて問題集の問題を解いたところ、55%と53%の正答率の節があり平均して60%の正答率でした。
合格基準ギリギリ…というかこのままではアウトになってしまいます。

独学の勉強方法で本当に覚えられるのか?

1章分ザックリ目を通す→節ごとに要約してノートにまとめる→翌日練習問題を解く→前日にまとめたノートにザックリ目を通す→新しい節に入る

工程が多く感じるかもしれませんが練習問題を解いて前回の内容を復習するというところは合わせて10分ぐらいです。


この流れで勉強を続けていってまた1章分終わらせました。その1章分の問題を問題集でまとめて解くと、最低でも一節64%の正答率で平均すると84%の正答率でした。

苦手と得意にも多少左右されるのかもしれませんが、私はFPに関する知識ゼロの状態でこの違いがでたので効果は期待出来そうです!

まだ2章しか終えてないのがバレてしまいましたが(・_・;この後の勉強でも試して効果を実証できたら面白いなと思っています。

自分にも出来そうな気がしてきたら

今回はFP3級の資格取得を目指して独学ですすめる勉強方法をご紹介してみました。
少しでもご興味を持たれている方の参考になれば幸いです*


私は2021年5月の試験に向けて勉強中です。

正直いうと文系で高卒ですし数字とか法律的な内容は苦手だな…と思っていたのですがFP3級はやって出来ない内容ではないと思います。


ただ、最短1ヵ月!いや2週間でも受かる!とか合格率は70%で他の国家資格に比べると取得を目指しやすい!
と言われていますが、私のようにFP業・保険業・税務業などに携わったことのない知識ゼロの人は絶対地味な勉強が必要だと実感しています。

それでも同じように知識ゼロでもおそらく大体の人が独学で合格できる資格だと思うのでぜひ一緒にFP3級の資格取得を目指して頑張りましょう♪


私はFP3級を合格したらそれをステップに他の資格取得も目指したいと考えているので、この記事で同じように頑張りたいと思っている方のヒントになりますように!