ヘルス

痩せやすい体に!終わるのが10倍楽しみになる生理中の過ごし方

生理前の上手な過ごし方で効果は必ず出る

生理2日目、昨日の夕方に生理がきて、あいにくなお天気に加わる生理痛で気分も憂鬱になりがち…。

 

と、思いながら生理前から6日ぶりの体重測定

6日前には700g増えて54.2kgだったのが−800gの53.4kgになっていました*

 

増えた体重のほとんどがやはり”むくみ“によるものだったと改めて実感ですね。

 

生理前から食欲が増しに増して暴飲暴食を許してしまっていました。

生理がきて終わっても体重が元に戻らず、むしろ増えてしまってダイエットを挫折してしまう事が多かったです。

生理前の期間できちんとポイントを抑えてダイエットを継続していれば生理中、終わってからの効果の違いは明らかでした!

生理前のダイエットポイントおさらい

 

私が実践して生理前から生理後も体重がきちんと減量した食事のポイント*

  1. カフェインを含む飲み物は豆乳をプラス
  2. 炭水化物単体の昼食は野菜ジュースや豆乳をプラス
  3. 食べたいおやつに栄養機能食品をプラス
  4. 夕食にはヨーグルト、寝る前に豆乳をプラス

 

基本的に食べるものは上記のようにプラスするだけで

これを食べてはいけないという我慢はしていません◎

 

大好きなモンブランやシナモンロールはもちろん食べていました!

 

ただ過去の記事にも載せているように塩分の量と夕食の時間などを気をつける事は習慣としてやっているのでそれも効果がでているのかなと思います。

 

これからダイエットを始める方は参考までに読んでみてください◎

 

生理前のダイエットまとめ

 

生理前に比べてイライラや食欲が落ち着く人もいれば、

生理が来てからの方が重い生理痛でストレスを感じたり食欲増加する人もいるのではないでしょうか?

生理中も生理前と同様に体は妊娠する体制でいるため、受精した赤ちゃんにきちんと栄養がいくように少ない食べ物からでも栄養を蓄えるように一部の代謝機能を停止して体がエコモードになっています。

 

エコモードである生理前期間に無理に食事量を減らしたり我慢やストレスを抱えてしまうと体は栄養が足らなくなってしまうと感じて停滞期のように緊急エコモードになり、

代謝が悪くなったり栄養を蓄えようとして太る原因にも!

 

 

私の実践した内容を行う事で必要な栄養を摂れているため体は緊急エコモードになりませんし、むくみも最小限に抑えられます◎

 

極端な食事制限をせずに、ポイントを抑えた食事を実践してみてください^ ^

 

生理前から生理期間中はプロゲステロンの働きで体に様々な影響がある事をきちんと理解し、生理が始まればまた体重は自然と減っていくものだと気持ちに余裕を持ってダイエットに励んでいきましょう*

生理中でもするする痩せるポイントは○○対策

生理中の冷え対策でダイエットを効果的に

生理痛がひどくてダイエットどころじゃない・・・

生理が始まったのに浮腫みがとれないし体重も減らない・・・

生理前の痩せづらい時期を乗り越えたのに生理が始まってみても体に良い変化が表れないという方

それは生理中の冷えが原因です!

 

冷えによって血流が悪くなると生理痛を悪化させてしまいますし、便秘の原因や老廃物も滞り浮腫みや脂肪蓄積の元に…

 

生理中に体が冷える原因と生理中の私も行なっているおすすめの対処法をご紹介します◎

 

生理中に冷えやすい原因は?

生理中に欠かせないのがロキソニンなどの痛み止めである鎮痛剤。

つらい生理痛を和らげてくれる多くの鎮痛剤には解熱作用(熱を下げる作用)もあるため体温が下がり冷える元に。

 

また、生理初日から数日間は最も冷えやすい時期

 

経血を出すときに熱も体外へ出ていってしまう事と、

生理前に分泌されていたプロゲステロンが生理開始とともに減少していくため、溜め込んでいた水分を排出する時に熱も一緒に奪われていきます。

 

 

生理中も体温UPで痩せやすく

冷えを感じていても生理中にお風呂をためて入ることってめったにないですよね。

シャワーで済ませてしまいがちなので体を芯から温める事が難しい。

 

もちろん食べ物や飲み物で体を冷やすものは控えることで冷えを緩和する事も可能ですが、

私は最近ダイソーで購入した「はじめての温灸」をやって体の巡りを良くするようにしています◎

 

燃焼、足美人などテーマごとに成分や香り、温灸を置くオススメのツボマップが違うようです*

 

温灸を置くシートも付いてくるので初めての方にも熱さを調整出来るので安心。

私も初めてですがシートの真ん中をなくす、2段階目の熱さがちょうど良かったです◎

 

ツボの場所によっては皮膚が薄くやけどしてしまう恐れもあるので、必ずご自身に合うように調整はしてくださいね

 

また、お香よりも煙い印象なので換気をしながらの使用をおすすめします!!

 

使用した直後から冷えていた足先や肩甲骨のあたりがじんわり温まっていくのを感じたので是非お試し下さい*

生理中のダイエット結果

生理が終わってからは美人ホルモンと呼ばれるエストロゲンの分泌が増えていくダイエットに最も適している期間に入ります*

そしてダイエット中の女性は難関ポイントである生理期間中のダイエット結果について


今朝、体重計にのってみたら生理2日目の日より−500gになっていました!

生理前に体重が増えた時(54.2kg)から計算すると−1.3kgの減量(52.9kg)で、増える前の体重(53.5kg)よりも減っていました◎

生理期間中、効果的な食事のポイント

  • 朝食はフルーツかスムージーと好きなパン
  • 昼食は炭水化物を好きなだけ!
  • 夕食は寝る3時間前までで炭水化物は控える

午前中は排泄の時間なため水を1ℓくらいは飲むようにして固形の食べ物は極力控えていました

昼食から3時間くらいまでは本当に好きなものを好きなだけ食べています
パンもスイーツも好きなだけ*

ただ、ここで言う好きなだけというのは美味しい物を美味しく感じるまでの量。

食べ過ぎて動けない、眠くなる、気持ち悪くなるというほど食べるのでも、ダイエット中だからといって好きな食べ物や糖質を我慢するのではなく、
好きなものを食べて幸せを感じる適量という事が大事です。

夜は修復の時間に入るので寝る3時間前までには食事を終わらせるか、
遅い時間に食べるなら本当に消化の良いものを食べるように意識していました◎

<そして1日を通して気をつけていたのは何よりも塩分ですね!
水分と一緒に老廃物の排出を促す為に水を飲む事と塩分の摂取量を気をつける事は必須ポイントです。

振り返ってみると生理期間中だからと特別にやっている事は特にありませんね・・・(´-`).。oO

ですが、逆を言えば過激な食事制限をするのではなく、ストレスのないようにきちんとした知識と実践を継続する事が生理周期にも左右されないで痩せていくという事です。
生理期間中のダイエットに悩んでいる方は過去の記事も合わせて読んでみて下さい◎
実際に私は効果として出ているのでご参考になればと思います*