ひとりの暮らし

自宅アパートのカギをなくしてしまった!対処法は?

ここでは私自身が実際に鍵をなくして家に入れずに鍵屋さんを呼んで解錠してもらったときのことをご紹介しています。

どこを探しても家の鍵が見つからない!

すぐにでも家の鍵を開けてもらいたい!

と、お急ぎの方はこちらから読んでください。このページの下部にジャンプします。

アパートの鍵を開けてもらいたいけどどうすればいいの?

 

賃貸アパートの鍵をなくしたらすること

 

つい先日、1人暮らししている自宅の鍵をなくしました。

同じ状況にいて困っている方はまずは落ち着いて次の2つを確認してください。

①本当に鍵をなくしてしまっているのか(どこかに忘れてきた心あたりはないか)

②交番が近くにあるか(落としたかもしれない場所付近の交番をネットで探す)

③大家さん、または管理会社への連絡先がわかるか

本当に鍵なくした?まずは冷静に記憶をたどってみましょう!

思い出しながら下記のチェック項目を参考に探してみてください。

落ち着いて探してみる
  • 洋服のポケット全て1つ1つ手を入れてみる
  • カバンの中身を全て出してみる
  • カバンのポケットを全て見てみる
  • カバンの中身を1つずつ確認してみる(もしかしたら本に挟まってないですか?)

身の回りになかったら今日のことをゆっくり思い出す

  • 朝は鍵をきちんとかけて出かけているか
  • 最後に鍵があることを確認したのはいつか(カバンの中でチラッと見たり、ポケットの中で触れた覚えがないか)
  • そこから帰るまでに通った道や寄った場所はどこか

 

車に乗っていたなら車の座席の下、シートの下や隙間、駐車場の周り。

電車に乗っていたなら歩いた場所やトイレ。

電車で座っている時に落としているかもしれない場合は利用している駅の駅員さんに相談してみましょう!

その駅で落としものとして届けられていない場合は乗っていた電車を伝えると、その電車の終点で探してくれます!

落ち着いて記憶をたどると「もしかしたらあのカフェで上着を脱いだ時に…」など思い出してきますよ◎

心当たりを全て探しても無い場合は警察に相談!

私は携帯をなくしたこともあってお世話になっています…(._.)

  1. まずは落としてしまったであろう場所の近くに交番がないか検索
  2. 電話してなくした鍵が届けられていないか聞いてみる
  3. ない場合は遺失届出をするか尋ねてくれるので質問に答えて完了

※場所によっては直接交番にいって書類の記入をすることになるかもしれません

大家さんか管理会社に連絡

落とした鍵が悪用されて後日空き巣や強盗に合うケースも稀にあります。

借りている部屋の防犯が危うい状況であることをきちんと貸し主に報告しましょう。

勝手に鍵交換をしてしまうと契約違反になることもあります。

提携している鍵屋さんを紹介されることもあるのでまずは相談して指示をあおぎましょう!

 

 

鍵屋さんを呼んで自宅の鍵を開けてもらったときの実際の流れ

私の場合は心当たりのある場所は1ヶ所をのぞいて全て探したけど見つからない…。

最後に残された1ヶ所は個人で経営しているカフェなのですが、

営業時間外で一切連絡とれずそのままそのお店は定休日に入ってしまって丸2日は連絡とれない…。

管理会社の連絡先がわからないのでお世話になった不動産屋さんに連絡して事情を説明。

安い料金ではないけどきちんとしている鍵屋さんを紹介していただきました。

まずは鍵屋さんに電話やネットから問い合わせてみる

 

電話対応では場所を伝えると最短で来てくれる時間や出張費などのおよその料金を教えてくれます。

現場で実物を見ないと確かな料金は伝えられないが、見積りを聞いてキャンセルも出来るし開けられなければ0円です。

問い合わせた電話で聞かれること

 

  • 鍵自体の特徴:ボコボコとした形のものなのか、穴が開いているタイプなのか
  • 扉に覗き穴があるのか
  • 来てもらう住所を伝える
  • 自分がその家の住人であることを証明するものがあるか(免許証など)

 

鍵屋さん到着から支払いまで

  1. 電話をしてから40分後くらいに到着(夕方18時くらい)
  2. 鍵穴を見て見積もり
  3. 同意書?のようなものに記入している間に作業が始まる
  4. 15分ほどで作業完了
  5. 支払い(クレジットカード決済可能)

 

鍵解錠の作業中聞かれること

内側の鍵の形状

部屋の中から鍵を開け閉めする場合の動き

私もそうだったのですが、不安や焦りから鍵の事を聞かれても形や左右どちらに回すかなど思い出せなかったりします。

無意識に開け閉めする事が多いから覚えてない!と思ってもゆっくり落ち着いて毎日の流れを思い出せば、きちんと思い出せます。

 

アパートの鍵を開けてもらって実際に私が払った料金

ネットで鍵を開けてもらう業者さんを探してみると3000円代からありますが、家の鍵に限らず全体の鍵解錠作業費の最安値を提示している場合が多いです。

あとは鍵の種類で技術料が高くなったり出張費も入ってさらに税が入るとなかなかの高額になります。

最初の電話で問い合わせたときは出張費込みで8,000円〜であとは現地で見てみないことにはわからないと伝えられました。

家は普通の鍵のタイプだし築年数も20年ほどなのでそんなに技術料はかからないだろうと思っていましたが甘かった…。

賃貸アパートやマンションは住人が変わるたびにほとんどが鍵を取り換えるので築年数と部屋の鍵の防犯レベルはイコールではなかったのです。

なのでピッキングが簡単に出来ないようになっているタイプだから少し高くなると言われて鍵解錠の作業費と出張費で税込み18,000円

むちゃくちゃ痛い出費ではありますがだいたい相場の料金です。

自分の不注意がそもそもいけないと納得させて支払いましたが30,000円、50,000円と高額を請求されている人もいるようです。

鍵の種類や状況で料金は違うと思いますが自分の不注意で崖っぷちになところを助けてくれるサービスだと思ったらありがたいものです。

 

アパートの鍵をなくした…けど素早い対応に助かった

 

なぜ、落ち着いて鍵を探した方が良いかというと鍵屋さんに開けてもらうことはやはり安くはないからです。

私は落ちているかも!という希望のある場所が一ヶ所だけあったのですが丸2日は連絡がとれない、探しにもいけない場所でした。

鍵屋さんに開けてもらってから後日その場所に問い合わせたらありました( ;∀;)

鍵をなくした今回の私のケース
  1. カードキーではない
  2. 穴がある鍵ではなくよくあるボコボコとした形の鍵
  3. 失くしたのは合鍵でマスターキーは家の中にある
  4. 扉にのぞき穴がある

 

疲れて帰ってきて鍵がないから家に入れないという絶望。

すぐに来て本当に15分ほどで作業が終わるので、1人暮らしの女性はとりあえず家に無事入れてからいろいろ冷静な対処をすることをオススメします。

女性が1人で不安そうにしていたりそわそわしている様子は周りから見て状況を把握されやすく他の事件が起こる危険があるからです。

深呼吸をして落ち着いて対処していきましょう。

まずは無料で電話相談する